100年先に届けるノート📒

TRPGとかボドゲとか

はじめてのTRPGでCoCのGMやりたい!ので準備してみたー何が必要なのかな?編

とりあえずTRPGガイドラインは把握したので、続いて必要なものリストを作成してみます。

  • 遊ぶゲーム(ルルブとシナリオ)
  • 遊ぶキャラ
  • 遊ぶ場所

ひとつずつ見ていきましょう。

遊ぶゲーム

何はともあれ、遊ぶゲームを準備しなくてはいけません。

必要になってくるのがCoCルールブック(ルルブ)とCoCシナリオです。

とりあえずAmazonでぽちったのは以下の2つ。

シナリオについては、最初はやはり遊ぶ人を決めてから用意したほうがよいなと思いました。昨今はYouTubeにリプレイ動画がたくさんあります。自分の身の回りは「リプレイ動画はめっちゃ見るけど実際にやったことない勢」が多くて、有名なシナリオはリプレイ視聴済、なんてケースが多いです。

ゆくゆくはオンラインで見ず知らずの人とやってみたいけど、はじめての場合は身内で、しかもなんとなくルールを知ってる人を誘ったほうが、何より自分の心理的ハードルが引くいです。なので「リプレイ動画はめっちゃ見るけど実際にやったことない勢」でも遊べるシナリオを探そうという考えに至りました。

ビブリオテークを選んだ理由としては、発売日が最近っていうのもあるんですが、GMが文脈を読まなくてもいいようにしっかり情報を掲載してくれてるかなという期待もありました。プロならよしなにアドリブができるのでしょうが、初心者にはハードルが高いです。

期待通り、ざっくり眺めた感じ、必要な素材からシナリオチャートなど、GMが迷いそうなところをしっかり書いてくれていました。ちなみにビブリオテーク収録の「コーヒー一杯分の恐怖」は、公式が無料配布してくれています。

遊ぶキャラ

TRPGで大切な要素のひとつである「探索キャラクター」の作成ですが、公式がキャラクターシートの配布を行ってくれています

これを使うのもいいですし、オンラインではキャラクターシート保管場所なるWebサービスがいくつかあります。

いあいあきゃらそうこは後述するオンセツール「ココフォリア」とデフォルトで連携機能を実装しているようです。またほかキャラクター保管サービスにあるデータをココフォリアと連携してくれるサービスもあるようですね。

遊ぶ場所

今回はオンラインのボイスセッションなので、複数人数でお話する場所が必要。どうやらDiscordが主流らしいので今回はディスコでお世話になります。

そしてもうひとつ大事なもの。TRPGを遊ぶとき、資料とダイスをみんなが見られる状態にする必要があります。それをオンラインで実現するのがココフォリアです(厳密にはTRPGオンセ用ツールはたくさんありますが、今回はココフォリアを使います)

ココフォリア体験記また次の記事で書きます。